ロープウェイの標高

ROPEWAY NAVIGATION

四季の移ろいを堪能するなら標高の高いロープウェイへ

ロープウェイはその運行されている標高が高ければ高いほど、季節の移り変わりが早く、またその変わり目が鮮やかな為、思い出に残る様な光景に出合える確立がより高くなります。
山桜も所々に混じる新緑の春から、青空とのコントラストも眩しい深緑の夏、山全体が燃える様に紅葉で色づく秋、そして時として真っ白に雪化粧する冬と、四季折々のドラマティックな風景を見せてくれるのです。
また標高が高い場所は得てして自動車では乗り入れ不可能な険しい山岳地帯となっているケースが多く、こうした景色を堪能するには、上空から広く見渡せるロープウェイの独壇場となります。
現在では出発地点である山の麓に車を置き、ロープウェイで山頂との往復ツアーを楽しむという気軽な利用の仕方も人気となっています。
麓の専用駐車場もかなり広く取られており、チケットさえ見せれば駐車料金も無料といったサービスもあるので、リーズナブルにこうしたツアーを楽しめるのです。
ただし晩秋の高揚シーズンは多くの観光客で賑わう為、麓の出発地点まではバス等の公共交通機関の利用が安全なケースもあります。

標高の高いロープウェイに乗るなら朝早い時間帯が最高の理由

標高の高い山間の行楽地にロープウェイはつきものですが、レジャーシーズンにおいて、これらに簡単に乗る為に心掛けなければならないポイントがあります。
それはその日の少しでも早い時間帯から行動し、朝余裕を持って現地の出発駅に到着するという事です。
山間とは言え、皆が目標にして行く行楽地ですから、日が昇ってくれば必然的に道中の道路は混雑し、渋滞が激しくなります。
平日の感覚で自宅を出、午前中に余裕で現地に到着する筈だったのが、途中のつづら折りの登山道で激しい渋滞に巻き込まれ、出発駅に到着したのはお昼もだいぶ過ぎた後、というケースも可能性としては十分にあるのです。
これを朝の眠気を多少我慢して日の登らない早朝のうちに出発し、朝食を終わった頃の時間帯に出発駅に到着する事が出来れば、その日のレジャーのスタートを最高の形で切る事が出来るのです。
得てしてこうした朝早い時間帯に標高の高いロープウェーから眺める景色は最高なものです。
日照も控え目な上空気も大変澄んでおり、遠方の山々まですっきり見渡せる、大変感動的な風景が広がっているに違いありません。

おすすめWEBサイト 5選


電話秘書代行


Last update:2020/9/16

『ロープウェイ 標高』 最新ツイート

@satoshi_sekka

標高1990mから降りるロープウェイ https://t.co/PJtRBAa1vf

3時間前 - 2020年12月05日


@ryusaiogushi

@nana3_j_k_s ダラムサラは標高1500mはあるので3時間で約1500m登った感じですよー。ロープウェイはなく全て徒歩です。

1日前 - 2020年12月03日


@namaurako

みんなでシェア旅 岐阜県|NHKあさイチ 見るだけで旅気分を味わえる「みんなでシェア旅」。今回は岐阜県からです。シェアした絶景は、日本唯一の二階建てロープウェイ「新穂高ロープウェイ」から眺める標高2,000メートル https://t.co/Ve3a1bgC4H

1日前 - 2020年12月03日


Copyright 2009  ROPEWAY NAVIGATION  All Right Reserverd.